「いま」あるデータから、
新たな“ひらめき”が生まれる

あたらしいひらめき、あたらしい創造、あたらしい価値を生むためには、
どんなデータが必要でしょうか
キラキラしたデータが必要だと思い込んでいませんか
「いま」あるデータから、新たな“ひらめき”を
クラウドサービス「hibiki(ひびき)」、誕生しました!

「いま」あるデータから、新たな“ひらめき”を!
「いま」あるデータから、新たな“ひらめき”を!
次世代型インテリジェントクラウドDB「hibiki」

新たな“ひらめき”のタネ
それは日々のデータに埋まっている

共有されたファイル、営業報告、書きかけの企画書、メモ、議事録
振り返られることもなくビジネスの現場からこぼれ落ちてしまったデータが、いたるところに存在しています
それらを「毎日・毎分・毎秒」集め、ビッグデータとして有効に活用すれば
あたらしいひらめき、あたらしい創造、あたらしい価値を生みだせるのでは
そんな“ひらめき”から「hibiki」は作られました

次世代型インテリジェントクラウドDB「hibiki」

たとえばこんなデータが
ありませんか?

活用できるデータは、こんな場面に潜んでいます。
やりとりを残さないファイル共有、部門ごとに利用している異なるツール、局所的な効率化や、やりとりの隙間から、活用できるはずのデータがこぼれ落ちてしまっています。

営業
マネジメント
ミーティング
管理
社内相談受付
問い合わせ
管理
マーケティング
戦略
プロジェクト
管理

データを活用しきるための
「hibiki」の機能

こぼれ落ちるさまざまなデータをビッグデータとして集積し、
これまでとは違う新たな視点やビジネスを生み出すための、3つの機能をデザインしました。

Databaseデータベース

データを貯める

企業のなかに眠っているビッグデータを、大企業での利用にも耐えうるスピードで活用します。
ドキュメントデータベース方式を採用し、スループットとストレージが個別に分散・スケールすることで、従来のWebデータベースより格段にスピードアップした操作性を実現。管理者・利用者のいずれにも快適なUXを、応答速度の面から実現しています。

Workflowワークフロー

データを回す

“ただ蓄積するだけ”となりがちなビッグデータを、AIによって適切にコントロールし、データが起点となるビジネスアクションを高速化。APIエコノミーで設計されているため、データを有効活用できる場面が広がります。
データの改ざんができないよう、監査証跡を生成するセキュリティ関連イベントの認証済みログも記録。大企業でも安心してご利用いただけます。

Communicationコミュニケーション

データを見る

あらゆるデバイスで、Webブラウザからのログインのみでご利用いただけます。ドリーム・アーツが提供するビジネスチャットアプリ「知話輪®」とも強力に連携。「APIエコノミー」の時代において、システム同士の連携にとどまらず、より柔軟で幅広い利用シーンを提供することで、オン/オフライン両面における円滑なビジネスコミュニケーションをサポートします。

つながるAPIで活用範囲はさらにワイドに

「hibiki」は、API経由で他のサービスとつながり、拡張することで、活用の可能性がさらに広がります。最初はスモールスタートで始め、徐々に拡張していくことで、スピーディな導入と高品質なプラットフォームづくりを両立。円滑にデータの流れるプラットフォーム整備が、低コスト・短時間で可能になります。

APIファーストでデザインされた「hibiki」を起点に最新のテクノロジーを利用して、新しいビジネスが生まれるその瞬間を、体感してください。

つながるAPI

エンタープライズレベルで安心な
セキュリティとコンプライアンス

「hibiki」では、サーバー、ネットワーク、アプリケーションのすべてで脅威を検出し、攻撃を防ぐ監視が継続的におこなわれています。

インフラストラクチャとサービスを保護するために、分離、暗号化、フィルター処理の他にも、DDoS、特権昇格、OWASP Top 10 など、脅威を緩和するためのさまざまなメカニズムとプロセスを採用。

SSTP、IPsec など、セキュリティで保護された業界標準プロトコルも完全サポートしており、エンタープライズ規模でも安心してご利用いただけます。

エンタープライズレベルで安心なセキュリティとコンプライアンス

クローズドβ版 提供中

トライアル受付開始

「hibiki」のクローズドβ版は、こちらよりお申し込みください。
ベーシックプランが1ヵ月間無料でご利用いただけます。